• 印刷する

主要財閥7社、首都空港再開発で事業体結成

マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の再開発に向け、フィリピンを代表する財閥7社がコンソーシアム(企業連合)を結成することで合意した。民間企業が政府に対して官民連携(PPP)事業を持ち掛ける「アンソリシテッド・プロポーザル」を提出する方針だ。

各社によるフィリピン証券取引所(PSE)への報告によると、コンソーシアムに参加する企業は、アヤラ・コーポレーション傘下のACインフラストラクチャー、実業家ルシオ・タン氏が率いる建設会社アジアズ・エマージング・ドラゴン(AEDC)、ゴティアヌン一族の持ち株会社フィリンベスト・デベロップメント(FDC)、財閥ゴコンウェイ・グループの持ち株会社JGサミット・ホールディングス、財閥アボイティス・エクイティ・ベンチャーズ(AEV)傘下のアボイティス・インフラ・キャピタル、複合企業メトロ・パシフィック・インベストメント(MPIC)、実業家アンドリュー・タン氏率いる持ち株会社アライアンス・グローバル・グループ(AGI)の7社。

首都圏近郊で新空港の建設を提案する財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)などを除き、フィリピン有数の財閥系企業が協力して事業推進を目指す格好となる。

各社は、NAIAはフィリピンの表玄関として理想的な立地条件を備えていると強調した上で、国際的な水準に合致した空港に生まれ変わらせるため、全面的な改修、拡張工事などを進めたいとの意向を表明。年間の旅客処理能力を現在の3,950万人から1,100万人増の5,050万人に引き上げるとともに、1時間当たりの離着陸可能数を40回から48回に増やしたいとしている。

国家経済開発庁(NEDA)が昨年に承認した、PPPによるNAIA再開発計画の総事業費は745億6,000万ペソ(約1,680億円)だが、地元紙ビジネスワールドによると、コンソーシアムによる工費試算は非公表。MPICのデービッド・ニコル最高財務責任者(CFO)は「現時点ではまだ総事業費を算定していない」とコメントした。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:相手の声が聞き取りずら…(05/26)

45日間で経済損失1.2兆ペソ GDPの5.6%、コロナ打撃(05/26)

首都圏の外出制限、6月以降緩和か=国防相(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

コロナ検査能力拡大、ワクチン開発も(05/26)

コロナ感染新たに284人、累計1万4319人(05/26)

フィリピン航空、資本注入で破綻回避(05/26)

苦境の電力業界、政府に支援要請(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン