ヤンゴンでドローン禁止、航空安全確保

ミャンマー最大都市を管轄するヤンゴン管区の一般行政局(GAD)は、管区内の16郡区でドローンなどの無人航空機の飛行を禁止した。ヤンゴン国際空港に離着陸する航空機の安全を確保するためとしている。イレブン電子版が12日伝えた。

GADは11月28日、刑事訴訟法118条に基づき、ヤンゴン国際空港の滑走路を含む長さ23カイリ(42.6キロ)、幅6カイリの範囲でドローンその他の無人飛行機の飛行を禁止するとの命令を発出した。

命令によると、飛行禁止地区には東部の北オッカラパ、北ダゴン、東ダゴン、北西部のインセイン、シュエピタ、ラインタヤ、中心部に近いマヤンゴン、ライン、カマユ、チミンダイン、サンチャウン、バハン、セイッチカナウント、北部のミンガラドン、レグ、タンタピンの計16郡区が含まれる。

ヤンゴン国際空港には多くの国際線と国内線が乗り入れており、航空機が終日離着陸している。滑走路付近でドローンが目撃されているという。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

国内初の信用情報機関、シンガ合弁に認可(18:52)

アリババ、パキスタン企業買収で緬に進出(18:52)

ヤンゴン環状高速道、年内入札 建設省が関心表明書募集(05/22)

労働紛争解決法、再改正法案を近く国会提出(05/22)

ヤンゴン管区、ガソリン価格の引き下げ推進(05/22)

シンガのフィンテック、家畜を担保に融資へ(05/22)

英系英会話教室、ミャンマー事業拡大へ(05/22)

農村部の太陽光発電設備、品質重視で選定(05/22)

ラカイン問題は民主化の障害=米国際開発庁(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン