ヤンゴンでドローン禁止、航空安全確保

ミャンマー最大都市を管轄するヤンゴン管区の一般行政局(GAD)は、管区内の16郡区でドローンなどの無人航空機の飛行を禁止した。ヤンゴン国際空港に離着陸する航空機の安全を確保するためとしている。イレブン電子版が12日伝えた。

GADは11月28日、刑事訴訟法118条に基づき、ヤンゴン国際空港の滑走路を含む長さ23カイリ(42.6キロ)、幅6カイリの範囲でドローンその他の無人飛行機の飛行を禁止するとの命令を発出した。

命令によると、飛行禁止地区には東部の北オッカラパ、北ダゴン、東ダゴン、北西部のインセイン、シュエピタ、ラインタヤ、中心部に近いマヤンゴン、ライン、カマユ、チミンダイン、サンチャウン、バハン、セイッチカナウント、北部のミンガラドン、レグ、タンタピンの計16郡区が含まれる。

ヤンゴン国際空港には多くの国際線と国内線が乗り入れており、航空機が終日離着陸している。滑走路付近でドローンが目撃されているという。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

二大都市の高速道改修、韓国が事業化調査へ(02/24)

民間TV局5社、放送開始へ 教育・娯楽コンテンツを充実(02/23)

貿易額目標達成ほぼ確実、入超は継く(02/23)

ミャンマーと日本企業の意見交換会開く(02/23)

労働省、18年度は技能保持者3千人育成へ(02/23)

ミンガラドンで新複合開発、5年内完成へ(02/23)

ヤンゴン管区の工場、下水処理併設は20軒(02/23)

国産真珠の競売会、23日から香港で開催(02/23)

マンダレー、ごみ収集車のGPS設置で入札(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン