• 印刷する

フィッチが信用格付を引き上げ、13年以来

欧州系格付け会社フィッチ・レーティングスは10日、外貨建て長期債務の信用格付けを「BBBマイナス」から1段階引き上げ、「BBB」に設定したと発表した。フィリピン経済が好調を維持していることなどから、13年以来の格上げを決めた。

「BBB」は投資適格級の下から2番目。ムーディーズ、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の格付けと同水準となる。

フィッチは2013年3月にフィリピンを投資適格級の最低水準である「BBBマイナス」に格上げ。15年9月から格付け見通しを「ポジティブ」とし、格上げを示唆していた。

同社はフィリピン経済がドゥテルテ政権のインフラ投資拡大政策による内需の押し上げで好調を維持し、18、19年の国内総生産(GDP)成長率が6.8%になると予想。税制改革の第1弾となる法案の成立で財政再建が進むことや、ドゥテルテ大統領の過激な麻薬取り締まりがこれまでのところ投資家の信頼を損ねていないことなども考慮し、格上げに踏み切った。ペソ建て長期債務、外貨・ペソ建ての短期債務の格付けも1段階引き上げた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:有名な葬儀屋がブラック…(06/02)

大手、設備投資を大幅削減 新型コロナでリスク回避姿勢(06/02)

コロナ感染新たに552人、累計1万8638人(06/02)

冷蔵設備サンデン、現法が本格始動(06/02)

政府が45億ドル調達、国際金融機関などから(06/02)

独企業の51%が投資留保、外資規制など背景(06/02)

外出制限違反に二重基準、経済団体が批判(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン