【第5位】精彩欠く民間消費、経済の足かせに

今年のインドネシアの国内総生産(GDP)の実質成長率は、第1四半期(1~3月)と第2四半期(4~6月)がともに前年同期比5.01%、第3四半期(7~9月)が5.06%だった。第3四半期に2桁成長するなど好調な輸出に加え、投資がけん引役となっている。 しかし経済成長に…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレー語とインドネシア…(12/11)

テイクオフ:留学時代に何から何まで…(12/11)

自動車のテレビ広告が4割減 各社が広告支出削減、景気低迷で(12/11)

日立キャピタル、現地法人の設立完了(12/11)

ユニ・チャーム現法、今週投資家を募集(12/11)

共同印刷の新工場完成、来年は3割増収目標(12/11)

2020年は7ブランド以上が新型車種投入か(12/11)

国営石油プルタミナ、石化大手の筆頭株主に(12/11)

生産分与契約の復活検討、石油業界が歓迎(12/11)

EU、バイオ燃料に相殺関税適用を決定(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン