【第9位】円借款工事で未払い深刻化

日本の円借款で進められているホーチミン市都市鉄道(メトロ、地下鉄)1号線などの工事で、ベトナム側からの未払いが深刻化した。公的債務残高の対国内総生産(GDP)比が、国家目標の上限である65%に接近したため、政府が歳出抑制策を取ったことが原因で、未払い額が一時1…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ビンファストとシーメンス、電気バスで協力(08/14)

空港総公社、サパ空港の建設に意欲(08/14)

液晶テレビの瑞軒、ベトナムに新工場建設へ(08/14)

ダナン、ASEANのロジセンター開発へ(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

10年周期の不動産バブル、再来の兆候なし(08/14)

ズンク製油所、1~7月利益が通年目標超え(08/14)

チャビン省、4件目の風力発電事業を承認(08/14)

PVパワー社長「LNG発電を推進」(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン