• 印刷する

カールスバーグ好調、シェア拡大に意欲

デンマークのビール大手カールスバーグがミャンマーで急成長している。販売店は11月末で1,000カ所に達し、今後の市場シェア拡大にも意欲を示している。

現地法人ミャンマー・カールスバーグのマイケル・ノガード・ジェンセン社長は6日付の地元紙ミャンマー・タイムズのインタビューで、「ミャンマーのビール市場は、国軍系複合企業ミャンマー・エコノミック・ホールディングス(MEHL)傘下の『ミャンマービール』がほぼ独占し、カールスバーグ、ハイネケンなど数社が残る市場を分け合っている」と現状を説明した。「現在の勢いには満足しているが、向こう5年間でシェア拡大を図る」とし、中部バゴーの工場の年産能力は約6,000万リットルだが「拡張したい」と意欲を示した。

ミャンマーのビール業界は昨年、総額1,600億チャット(約130億円)を納税したと指摘。陸路国境から密輸ビールが大量に輸入されているとされる問題については、「政府の違法品対策に協力し、消費者には合法的なビールを消費するよう促していく」と述べた。

カールスバーグは2013年、地元複合企業ミャンマー・ゴールデン・スター(MGS)グループとの合弁会社ミャンマー・カールスバーグを立ち上げ、15年からバゴーでビール生産を開始。「カールスバーグ」「ツボルグ」「ヨマ」の3ブランドを販売している。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

映画館がモール開発の鍵に 関心高まり、市場に余地(08/20)

コータウン空港改修、再入札手続きが開始(08/20)

汚職疑惑のエネ相が職務再開、調査は続行(08/20)

陸路や鉄道の復旧急ぐ、武装集団の襲撃受け(08/20)

中国が調査団、組織培養バナナ合法輸入視野(08/20)

自宅前に有料駐車場、マンダレーが認可(08/20)

小口金融ヘイマン、メイバンクから資金調達(08/20)

高校卒業生に修了証書、19年度から(08/20)

ビルマ戦死者の鎮魂碑を修復、三重の石材店(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン