テイクオフ:かつて音速を超える速さ…

かつて音速を超える速さを誇った旅客機コンコルド。子どもの頃、その流線型の美しいフォルムを見て、いつかマッハの世界を体験したいと憧れたものだ。だが2000年の墜落事故もあり、03年に商業運航が中止。超音速旅客機の時代は終わりを告げたかと思われていた。

だが、ここにきて旅客機の速度を追求する動きが復活しつつある。日本航空が、超音速旅客機の開発を進めている米ブームテクノロジーと資本業務提携すると発表。約11億円を出資し、将来の20機の優先発注権を確保するという。

ブーム社は23年の運航開始を目指している。日航は導入時期や路線は未定としているが、東京―シンガポール路線に投入されれば現在の約7時間から3時間ほどまで所要時間が短縮される見通しだ。格段に利便性が高まるが、運賃はビジネスクラス程度になるもよう。昔の夢を実現するのは、少々高根の花となりそうだ。(墺)


関連国・地域: シンガポール日本米国欧州
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールで2度目の…(02/21)

ASEAN向けは15%減 日本の中古車輸出、緬の規制響く(02/21)

政府の経済政策、企業のイノベーション推進(02/21)

リー首相「経済政策は戦略的かつ包括的」(02/21)

【アジア労務データ集】失業率・就業者数(152)(02/21)

卸売り販売額、10~12月期は6%上昇(02/21)

東京都、シンガポール進出支援コースの募集(02/21)

NECの顔認証、OCBCでの試験導入で成果(02/21)

チワタイ、低層住宅重視で新規開発7件(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン