【2017年の10大ニュース】矛盾が噴出した豪州

今年のオーストラリアは、政治や経済、社会が抱えるさまざまな矛盾が噴出した年だった。本来議員資格がない、二重国籍を持つ議員が次々に明らかになって政界が大混乱に陥ったり、資源大国にもかかわらず国内のエネルギー資源価格が高止まりし、電力価格が高騰して産業界が悲鳴を上げたり、外国人人材の活用を急速に縮小させようとビジネスビザの規制強化に着手したり。それらすべて、この国がこれまで改革を怠ってきた構造的矛盾だったと言えるだろう。

だが経済成長だけを見ると好調で、国内総生産(GDP)のプラス成長期間は世界最長を記録した。ただし、中国系投資に頼っていた不動産価格は頭打ちで、個人消費も低迷し、家計の債務割合も危険的水準にまで高まっているのを見ると、来年の経済見通しは楽観してもいられない。ターンブル首相率いる与党の支持率も、野党労働党を下回る状況が続いており、このままでは次に総選挙が行われた場合、労働党に政権を明け渡してもおかしくない状況だ。

一方ニュージーランド(NZ)は、総選挙で長年政権を担ってきた国民党が第一党となったものの、第2位の労働党とNZファースト党が連立を組んで組閣したことは世界を驚かせた。国内では、オークランドなど各地で進む大規模インフラ開発がめじろ押しであるほか、酪農家の信頼感も高まっており、経済見通しは良好だ。若いアーダーン首相の手綱さばきを不安視する向きはあるものの、来年の景気が悪化しない限り、無難なかじ取りが続くと思われる。

【オーストラリアの10大ニュース】

【第1位】二重国籍問題、豪政界を席巻

【第2位】電力問題深刻化、新エネ政策で意見対立

【第3位】豪で同性婚合法化

【第4位】457ビザ廃止、産業界が大混乱

【第5位】アマゾン豪進出、揺れる小売業界

【第6位】豪、自動車生産の歴史に幕=トヨタなど撤退

【第7位】LNG輸出制限の枠組み策定、発動は回避

【第8位】日豪都市を結ぶ直行便が続々

【第9位】大手銀行税を導入、WA州も追随へ

【第10位】WA州とQLD州選挙で労働党が勝利

【NZの5大ニュース】

【NZ第1位】NZで9年ぶり政権交代、3党連立に

【NZ第2位】オークランド空港、18億$で整備

【NZ第3位】住宅市場、価格上昇も販売減少

【NZ第4位】NZと中国など、FTA拡大

【NZ第5位】NZ年間純移民数、過去最多に

【豪州番外編】英リバティ連合、破綻アリウムを買収

【豪州番外編】豪の経済成長世界一、26年不況知らず

【NZ番外編】NZ燃料パイプ破裂、航空便が相次ぎ欠航

【NZ番外編】NZ政府、排出権制度を大幅見直し


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: 経済一般・統計農林・水産天然資源電力・ガス・水道金融・保険商業・サービス建設・不動産政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:毎朝会社に新聞を配達す…(05/23)

豪連邦、州インフラ補助減額 過去5年間で最少の215億$(05/23)

ワンネーション党、法人税減税の支持撤回(05/23)

〔政治スポットライト〕豪中外相会談、2国関係改善で意見交換(05/23)

豪のごみ問題深刻化、日本の焼却技術に注目(05/23)

源泉徴収票が7月から段階的廃止、電子化へ(05/23)

AGLがリデル火電売却拒否、政府は強制も(05/23)

WAに共同使用のパイプラインを=ガス大手(05/23)

海外企、豪高速道路市場の寡占を非難(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン