• 印刷する

洋菓子ヨックモック、デリーに2号店

洋菓子製造販売のヨックモック(東京都千代田区)は1日、インドの首都ニューデリーで12月上旬をめどに2号店をオープンすると発表した。海外店舗数は、今回のニューデリー店と8月に初出店したムンバイ店(西部マハラシュトラ州)を合わせて、計49店舗となった。

地場の複合企業(コングロマリット)リバティー・グループ傘下、リバティー・ラグジュアリーズと販売店契約を結び、リバティーが店舗運営に当たる。商品は日本から輸入し、葉巻状クッキー「シガール」など焼き菓子のみを扱う。価格帯は、1,000~4,600ルピー(約1,740~8,000円)。

ヨックモックの広報担当者はNNAに対し、「ムンバイ店は開店1カ月目の売り上げが目標の1.5倍に達し、好調な滑り出しとなった」と語った。同店は高級ブランドが店舗を構える立地にあり、「秋の祭事シーズンに富裕層の顧客から支持を得たほか、結婚式の贈答品向けの受注もあった」と話した。

ヨックモックは現在、インドのほか、米国とタイ、台湾、香港、マカオ、カタール、バーレーンで店舗展開している。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

コタック、VW金融部門の車ローン事業買収(09/17)

日本入国時の待機期間短縮、タイなどはなし(00:21)

車生産奨励策、業界が歓迎 電動二輪に追い風=専門家(09/17)

家電の生産奨励策、日本企業含む52社が申請(09/17)

地場PG、エアコン部品生産でPLI申請(09/17)

MGモーター、米フォードの工場に関心(09/17)

MGモーター、中型SUV「アスター」発表(09/17)

タタ自が法人向けEV、新ブランド第1弾(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン