28ナノ情報不正入手、TSMC元社員に有罪判決

ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)でエンジニアとして勤務していた元従業員が、28ナノプロセスに関する情報を不正に取得し、中国の半導体メーカーである上海華力微電子への転職を図ったとして、営業秘密法違反と背任の罪で起訴された裁判で、台湾新竹地方法院(新竹地裁)は29日、元従業員に対し懲役1年6カ月、執行猶予4年の判決を言い渡した。

TSMCによると、元従業員は2010年に入社し、今年1月に辞表を提出したが、在職時に業務とは関わりのなかった28ナノプロセス関連の資料を大量にコピーしていたことが分かったため、事情聴取したところ、情報を不正に取得したことを認めた。その後、元従業員の自宅を本人立ち会いのもと調べたところ、関連資料が見つかったため、元従業員を解雇するとともに台湾新竹地方法院検察署(新竹地検)に告発した。

新竹地検が捜査した結果、元従業員が16年12月に上海華力微電子を訪れ、28ナノプロセスに関する情報を同社に引き渡した上で、転職する約束を交わしていたことが明らかになり、今年5月に元従業員を起訴することを決めた。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

HTC幹部の流出止まらず、張総経理が起業へ(02/17)

桃園空港MRTの乗客数、延べ2,000万人超え(02/16)

伊藤忠が台北101の第2位株主に、投審会認可(02/16)

新興航空カンボジア・エア、下期に台湾就航(02/16)

テイクオフ:杏仁豆腐が無性に食べた…(02/14)

中原大学の産学連携に期待感 企業が認める大学、私大部門2連覇(02/14)

聯発科と晨星の合併案、中国商務部が条件撤廃(02/14)

友達、持続可能な成長に向けた専門部署を新設(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン