• 印刷する

28ナノ情報不正入手、TSMC元社員に有罪判決

ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)でエンジニアとして勤務していた元従業員が、28ナノプロセスに関する情報を不正に取得し、中国の半導体メーカーである上海華力微電子への転職を図ったとして、営業秘密法違反と背任の罪で起訴された裁判で、台湾新竹地方法院(新竹地裁)は29日、元従業員に対し懲役1年6カ月、執行猶予4年の判決を言い渡した。

TSMCによると、元従業員は2010年に入社し、今年1月に辞表を提出したが、在職時に業務とは関わりのなかった28ナノプロセス関連の資料を大量にコピーしていたことが分かったため、事情聴取したところ、情報を不正に取得したことを認めた。その後、元従業員の自宅を本人立ち会いのもと調べたところ、関連資料が見つかったため、元従業員を解雇するとともに台湾新竹地方法院検察署(新竹地検)に告発した。

新竹地検が捜査した結果、元従業員が16年12月に上海華力微電子を訪れ、28ナノプロセスに関する情報を同社に引き渡した上で、転職する約束を交わしていたことが明らかになり、今年5月に元従業員を起訴することを決めた。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、23日は6万6247人(16:51)

新規感染1179人、前日から140人減=23日(19:54)

テイクオフ:先週末、台北の夜市を訪…(05/23)

4月輸出受注が26カ月ぶり減 5.5%減、中国ロックダウン影響(05/23)

週末の感染者計25万人に、感染拡大長期化か(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

新型コロナの域内感染者、22日は7万9441人(05/23)

台北市長がコロナ感染、PCR検査で陽性(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン