• 印刷する

28ナノ情報不正入手、TSMC元社員に有罪判決

ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)でエンジニアとして勤務していた元従業員が、28ナノプロセスに関する情報を不正に取得し、中国の半導体メーカーである上海華力微電子への転職を図ったとして、営業秘密法違反と背任の罪で起訴された裁判で、台湾新竹地方法院(新竹地裁)は29日、元従業員に対し懲役1年6カ月、執行猶予4年の判決を言い渡した。

TSMCによると、元従業員は2010年に入社し、今年1月に辞表を提出したが、在職時に業務とは関わりのなかった28ナノプロセス関連の資料を大量にコピーしていたことが分かったため、事情聴取したところ、情報を不正に取得したことを認めた。その後、元従業員の自宅を本人立ち会いのもと調べたところ、関連資料が見つかったため、元従業員を解雇するとともに台湾新竹地方法院検察署(新竹地検)に告発した。

新竹地検が捜査した結果、元従業員が16年12月に上海華力微電子を訪れ、28ナノプロセスに関する情報を同社に引き渡した上で、転職する約束を交わしていたことが明らかになり、今年5月に元従業員を起訴することを決めた。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「あんたには申し訳ない…(11/13)

住商が電動バス最大手に出資 台湾域内外で販売協力(11/13)

国巨が米同業のケメット買収、16億米ドル(11/13)

TSMCの封止検査工場、環境アセスを通過(11/13)

公的機関へのサイバー攻撃、月平均3000万回(11/13)

順天医薬、上海医薬に脳梗塞薬の開発権付与(11/13)

泓格のバイオ工場が稼働、来年1Qにも量産(11/13)

台湾EC各社、「双十一」の売り上げ急拡大(11/13)

永慶房屋、20年に店舗数シェア4割突破目標(11/13)

星宇航空、航空券発売を11月末に前倒しか(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン