• 印刷する

日野とアショク、BS6エンジン開発で協業

日野自動車は27日、インドの商用車大手アショク・レイランドに対して、排ガス基準「バーラト・ステージ(BS)6」(欧州のユーロ6に相当)に関する技術支援を行うことで合意したと発表した。

アショクのBS6対応エンジンの開発に当たって、日野が持つユーロ6技術を提供する。具体的には、シリンダーヘッドや吸排気系、後処理を含む排ガス規制対応の図面の提供や、車両への適合技術などを供与する。

一方、日野は、インドにおける小型エンジン用部品の調達に関して、アショクから支援を受ける。日野は現在、インド国内では生産していないが、インドネシアやタイの工場でのエンジン生産向けに、インド国内のサプライヤー情報などを得るという。

日野の下義生社長は、「アショクがインドで築きあげてきた部品調達力を活用することで、われわれのグローバル競争力の向上につなげていく」とコメントした。

日野とアショク1986年にインドでのエンジン製造に関して協業の実績がある。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

テイクオフ:デリー市内で一番大きい…(09/20)

インド製炊飯器を日本へ輸出 パナ、30年で累計生産1000万台(09/20)

中国のワンプラス、スマートTV開発へ(09/20)

アディティヤ衣料部門、女性下着市場に参入(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

衣料通販ミントラ、モールへの出店を検討(09/20)

【訃報】鳥羽雄一氏(元日本カーボン社長)ほか(09/20)

アマゾン、デビットカードで分割払い可能に(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン