• 印刷する

テイクオフ:通りのイルミネーション…

通りのイルミネーションに灯がともされ、オフィスにツリー、バス停の屋根の上に馬小屋飾り。近くの公園ではクラシックのコンサートも開催され、いよいよクリスマスムードが高まってきた。国民の8割がカトリック教徒のフィリピンにおいて、最も待ち望まれた季節だ。

常夏の当地だが、飾り付けには雪だるまや雪の結晶が多い。オーストラリアで、顔以外の部分が完全にサーファーのサンタクロースに会ったことを考えると、なかなか基本に忠実といえる。そういえばマンションのロビーに流れる曲も「ホワイト・クリスマス」だ。多くのフィリピン人は、雪というものになじみがないとは思うが、だからこそ憧れが強いのかもしれない。

とはいえ、わが家の近辺はクリスマスが近づくと、どこからともなく殺気が漂ってくるのも確か。物入りな季節、雰囲気に浮かれすぎないようにしたい。(あ)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

地場ウデンナ、ダバオでモノレール敷設計画(19:31)

大衆パン、クリスマスの値上げは見送り(19:31)

不動産アヤラ、国外で新たなM&A検討(19:31)

テイクオフ:「とりあえずビール」を…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

バンダイナムコがVRを導入 東南アで初、メルコのIRに(10/16)

第3の通信業者選定入札、予定通りに実施(10/16)

比政府高官、インフレは来年までに収束(10/16)

8月の海外送金受取、0.9%減の24.8億ドル(10/16)

世銀など支援の洪水対策事業、実施計画完成(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン