テイクオフ:通りのイルミネーション…

通りのイルミネーションに灯がともされ、オフィスにツリー、バス停の屋根の上に馬小屋飾り。近くの公園ではクラシックのコンサートも開催され、いよいよクリスマスムードが高まってきた。国民の8割がカトリック教徒のフィリピンにおいて、最も待ち望まれた季節だ。

常夏の当地だが、飾り付けには雪だるまや雪の結晶が多い。オーストラリアで、顔以外の部分が完全にサーファーのサンタクロースに会ったことを考えると、なかなか基本に忠実といえる。そういえばマンションのロビーに流れる曲も「ホワイト・クリスマス」だ。多くのフィリピン人は、雪というものになじみがないとは思うが、だからこそ憧れが強いのかもしれない。

とはいえ、わが家の近辺はクリスマスが近づくと、どこからともなく殺気が漂ってくるのも確か。物入りな季節、雰囲気に浮かれすぎないようにしたい。(あ)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州からの旅行者が半減、ボラカイ島閉鎖で(12:10)

テイクオフ:突然の出来事だった。会…(05/21)

財閥7社、1Qは2桁の増収 一部で税制改革影響も好調継続(05/21)

国際収支は4カ月連続赤字、4月2.7億ドル(05/21)

今年成長率予測、BMIは6.5%に上方修正(05/21)

卸売物価指数、3月上昇率は5.4%に加速(05/21)

4月外国人証券運用、2.7億ドルの買い越し(05/21)

18日為替:$1=52.330ペソ(↓)(05/21)

国内最大コワーキングスペース、蘭社が開設(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン