テイクオフ:「これからは海外に行か…

「これからは海外に行かなくても、ここジャカルタで日本のモノを楽しめる」。日本の飲食店やファッションブランドが1号店を開く時、インドネシア人からはこんな声が聞こえてくる。外食店だけでも、ここ数年で急速に増えており、喜んでいるのは在留邦人だけではない。

かつて1人につき1万円以上もした出国税が廃止され、格安航空の台頭もあって、海外旅行がぐっと身近になった。日本はもちろん、シンガポールや香港など近隣諸国・地域にある日本のお店や商品を知る人も少なくない。だから1号店は冒頭のセリフで歓迎される。

店にとっては、日本の味をローカライズするのか、オリジナルを貫くのか、戦略が分かれるところ。だが外食産業に携わるインドネシア人実業家の「日本人客が多ければ、やがてインドネシア人客もついてくる」という意見は、示唆に富んでいる。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

為替参照、1万4200ルピア台突破(05/25)

ペリー中銀総裁が就任、ルピア安定化に注力(05/25)

1ドル=1万7000ルピア以上進まず、前総裁(05/25)

損保インシュランス、シャリア事業を開始(05/25)

財務相、新優遇税制の草案を今月中に策定(05/25)

中小の法人税率、7月から0.5%に引き下げ(05/25)

韓国ロッテE&C、高層住宅建設に参画(05/25)

韓国系繊維、カラワンでスニーカー素材工場(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン