• 印刷する

テイクオフ:「これからは海外に行か…

「これからは海外に行かなくても、ここジャカルタで日本のモノを楽しめる」。日本の飲食店やファッションブランドが1号店を開く時、インドネシア人からはこんな声が聞こえてくる。外食店だけでも、ここ数年で急速に増えており、喜んでいるのは在留邦人だけではない。

かつて1人につき1万円以上もした出国税が廃止され、格安航空の台頭もあって、海外旅行がぐっと身近になった。日本はもちろん、シンガポールや香港など近隣諸国・地域にある日本のお店や商品を知る人も少なくない。だから1号店は冒頭のセリフで歓迎される。

店にとっては、日本の味をローカライズするのか、オリジナルを貫くのか、戦略が分かれるところ。だが外食産業に携わるインドネシア人実業家の「日本人客が多ければ、やがてインドネシア人客もついてくる」という意見は、示唆に富んでいる。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

2被告の審理継続へ、金正男氏殺害事件(08/17)

非破壊検査TNDT、インドネで事業化調査(08/17)

貿産省、熱延コイル反ダンピング解除を検討(08/17)

中信金、東南アでのネット銀参入に意欲(08/17)

テイクオフ:ジャカルタでは最近、歩…(08/16)

【自動車特集】買いたい車はトヨタと五菱 日本車への評価堅調、迫る中国車(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン