テイクオフ:常夏の国シンガポールか…

常夏の国シンガポールから初の冬季五輪参加へ――。ショートトラックスピードスケートの同国代表、ゴー・シャイアン選手が平昌五輪への出場を決めた。9月から世界4カ所で開かれてきたワールドカップ(W杯)で好成績を挙げ、女子1,500メートルで出場枠を確保した。

来年2月開催の平昌五輪では、今年3月に世界選手権への出場を果たした女子フィギュアスケートのユー・シュラン選手の参加が期待されていたが、今季の成績は振るわず、資格を得られなかった。シンガポール・アイススケート協会はゴー選手の快挙に「わが国のウインタースポーツ界にとって大きな一里塚」と手放しの喜びようだ。

スキーやスケートなどで多くのメダル候補を抱える日本と異なり、当地では冬季五輪への関心は高くない。初の五輪選手の誕生で、少しでも多くの人に冬のスポーツの祭典を楽しんでもらえたらと思う。(墺)


関連国・地域: 韓国シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:旧正月(春節)になじみ…(02/20)

消費税、21年以降に9%に上げ 海外サービス利用でも課税へ(02/20)

歳出は8%増、18年度は3年ぶり赤字予算(02/20)

第1ターミナル、車での出迎えエリアが地下に(02/20)

駅窓口でのICカード入金、3月に完全終了(02/20)

港湾PSA、トゥアス港で無人搬送車導入へ(02/20)

公共交通機関に「満足」、17年は94.5%に低下(02/20)

GAPが全店閉鎖へ、今月末でFC契約終了(02/20)

フレイザーズ、欧州の物流不動産を取得(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン