• 印刷する

GE副会長、退職後に政府顧問就任へ

カンボジアのフン・セン首相は23日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)のジョン・ライス副会長を政府顧問に起用することで、シハモニ国王に承認を求める考えを示した。

フン・セン首相は、ライス副会長の豊富なビジネス経験やカンボジアへの関心が高いことを評価し、政府顧問に就くよう要請。ライス氏が受け入れた。年末にGEを定年退職した後、政府顧問に就任する。

ライス氏は1978年にGEに入社し、米国のほか、香港などを拠点にグローバル事業を推進してきた。2010年11月から副会長を務めている。GEは07年からカンボジアで事業を展開している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

日系企業に操業停止の動き 車部品需要が減、原料供給も不安(04/10)

ニイヌマ、LEDで街照らす 日越連携で生ごみ処理機も展開(04/10)

郡や州をまたぐ移動禁止、物資輸送は継続(04/10)

感染者119人に、国内初の再発確認(04/10)

新型コロナ対策費、1千億円を政府支出(04/10)

2週間の隔離義務づけ、全ての入国者対象(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン