テナガとPLN、カリマンタン発電所で覚書

マレーシアの国営電力会社、テナガ・ナショナルは15日、インドネシア・カリマンタン島での石炭火力発電所(出力400メガワット)の建設で、同国の国営電力会社PLNと覚書を交わした。 覚書の有効期間は2年で、事業モデル、リスク、資金調達手段などについて検討を開始する内容。…

関連国・地域: マレーシアインドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マツダ、第7世代の「マツダ3」を投入(20:30)

巡礼基金とサウジ政府、巡礼者に医療提供(19:33)

テイクオフ:バーコードは左から最初…(07/18)

プロドゥア、今年目標引き上げ 上半期好調で23.5万台販売へ(07/18)

東南アの訪日者、6月は横ばいの27万人(07/18)

ソニー、大型テレビ市場で国内首位目指す(07/18)

GSIクレオス、プラ再生事業に参入(07/18)

日本ビジネス能力試験、個人講座も開講へ(07/18)

RM=26.3円、$=4.11RM(17日)(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン