• 印刷する

国産電動スクーター、販売台数は月500台

インドネシアの二輪車メーカー、トライアングル・モトリンドが6月に発売した電動スクーター「Q1」の販売が好調だ。月間の販売台数は500台に達した。10月30日付コンタン(電子版)が伝えた。

ナショナルプロジェクトマネジャーのデデン氏によると、10月までの販売台数は累計で2,000台に達する見込み。国営電力PLNが設置する公共充電ステーションの増加によって注文が増えている。製造ラインもフル稼働で、注文から納車まで1カ月待ちになるという。

トライアングル・モトリンドは、ジャカルタや南スラウェシ州マカッサルなどの都市部を中心に販売を進めていく。

デデン氏は、Q1以外の電動バイクを生産する計画は当面ないと話している将来的に生産台数を週500台、販売台数を月2,000台まで増やす計画だ。Q1の価格は1,670万ルピア(約14万円)。

ジョナン・エネルギー・鉱物資源相は、デデン氏らと会談後、記者団に対し「(Q1のような)環境にやさしい製品は今後さらに受け入れられるだろう。国内に新しい市場を作り出す」と称賛した。

Q1は、ドイツの自動車部品・機械大手ボッシュと共同開発した。20アンペア時(Ah)の大容量リチウムイオン充電池を搭載しており、出力は1馬力。

トライアングル・モトリンドの電動スクーター「Q1」=同社ウェブサイトより

トライアングル・モトリンドの電動スクーター「Q1」=同社ウェブサイトより


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界有数の海洋生態系を…(10/21)

チップモン、首都の衛星都市開発事業を取得(10/21)

ジョコ大統領が2期目就任 構造改革に決意、きょう組閣発表(10/21)

最賃上昇率に労使反対、首都は「最終調整」(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

日本M&Aセンター、駐在員事務所を開設(10/21)

日本企業と2億ドルの契約、輸出入品見本市(10/21)

西ジャワの投資26件で覚書締結、4千億円(10/21)

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(10/21)

日本工営、マカッサルとスマート都市で覚書(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン