【韓国労務】勤労基準法改正案の論点

文在寅(ムン・ジェイン)政府の発足後、初めての定期国会(通常国会)が9月開幕し、政府の中核課題として挙げられる雇用拡大のための勤労基準法改正案などが成立するかに関心が集まっています。 特に、労働時間短縮の場合、政府としては、法案が通らない場合には従来の行政解釈…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

19年の成長率2.1%、OECDが下方修正(09/20)

米政府、韓国を違法漁業国に予備指定(09/20)

低空飛行の日韓路線(下) 韓国頼み裏目、誘致継続で打開を(09/20)

日韓関係悪化の長期化、韓国に打撃=S&P(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

高齢者と外国人を活用へ、少子高齢化対策(09/20)

米半導体装置大手、韓国にR&D施設移転か(09/20)

日本企業への影響軽微、半導体メモリー対象外(09/20)

LS電線、高速鉄道向け剛体電車線を開発(09/20)

車部品の万都、欧州にR&Dセンター開設(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン