【韓国労務】勤労基準法改正案の論点

文在寅(ムン・ジェイン)政府の発足後、初めての定期国会(通常国会)が9月開幕し、政府の中核課題として挙げられる雇用拡大のための勤労基準法改正案などが成立するかに関心が集まっています。 特に、労働時間短縮の場合、政府としては、法案が通らない場合には従来の行政解釈…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国でもコロナ禍で家飲…(09/28)

秋夕連休前後に防疫再強化 28日から2週間、入場制限など(09/28)

新型コロナ感染、2日連続で100人下回る(09/28)

「限界企業」最多に、コロナで45%増予想(09/28)

韓国の衣料企業、中国から靴生産移転(09/28)

バイオ医薬品材料・機器、国産化に77億円(09/28)

セルトリオングループ、主力3社を合併へ(09/28)

VRで眼科検診、KTがデジタル非対面商品(09/28)

韓国GM労組、コロナでも賃上げ要求ストか(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン