CJ、調理済み食品事業に2千億ウォン投資

韓国食品大手、CJ第一製糖は弁当や総菜など調理済み食品事業に力を入れる。2020年までに研究・開発に2,000億ウォン(約198億円)を投じ、味や品質、栄養、包装など全ての面でのコスト競争力を高める。 売上高を昨年比で3倍以上の3兆6,000億ウォン規模に引き上げる。18年にはベ…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:独特のにおいで苦手な人…(01/23)

19年GDP成長率は2.0% 投資全般が不振、息切れ感強まる(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

東京エレク、平沢に技術支援センター設立(01/23)

サムスンのQD有機EL、セメスの装置導入(01/23)

現代自の19年営業益52%増、7年ぶりプラス(01/23)

現代商船の新社長「3Qに黒字転換可能」(01/23)

現代物流社の海上輸送、系列外が5割超(01/23)

国営建設、バリ空港LRT事業で韓国と協力(01/23)

エアソウル国際線、来月からVODサービス(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン