• 印刷する

亀田製菓、米菓「カリカリ」投入へ

カリカリはワサビなど4種類の風味を用意する(LTフーズ提供)

カリカリはワサビなど4種類の風味を用意する(LTフーズ提供)

亀田製菓(新潟市)は、インド市場に特化した米菓「Kari Kari(カリカリ)」を投入する。まずはデリー首都圏(NCR)など3都市に展開する予定。向こう5年で売上高1,500万米ドル(約17億円)を目指す。

「スパイス・マニア」「ソルト&ペッパー」「ワサビ」「チリ・ガーリック」の4種類の風味で販売する。容量は70グラムと150グラムを用意する。小売価格はそれぞれ50ルピー(約86円)、90ルピーを予定。風味は12種類が候補に上がっていたが、消費者調査を通じて最終的に4種類に絞った。

今月からテスト販売を実施しており、早ければ来年10月頃に本格的に販売を始める予定だ。販売はNCR、西部マハラシュトラ州ムンバイ、南部カルナタカ州バンガロール(ベンガルール)で開始し、その後は販売網を拡大する。

亀田製菓は今年3月、地場食品大手LTフーズと合弁会ダワット・カメダを設立した。資本金は約6億ルピーで、亀田製菓が49%、LTフーズが51%出資している。LTは10日発表した声明で、合弁会社はマーケティング活動などに当初は500万米ドルを投資するとした。

LTの関係者は同日、NNAに対して、カリカリは当初、日本から輸入すると説明。「近い将来、インドで生産を始める」と述べた。

亀田製菓は2020年度(20年4月~21年3月)までに海外売上高を全体の3割に引き上げる考え。インドは、タイ、中国、米国、ベトナムに次ぐ5番目の進出国となった。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド人といえば、頭に…(12/12)

新興予防医療が展開拡大 来年は日本へ、三井物産支援受け(12/12)

自動車販売店、11月の小売り総数は2.5%増(12/12)

タタ自、11月の世界販売は15%減の9万台(12/12)

19年上期の乗用車輸出、現代が首位で10万台(12/12)

現代自、来年1月からの値上げを発表(12/12)

日通が地場同業と業務提携、サービス強化(12/12)

インパクト、コンビニ16号店を南部に開業(12/12)

中国スカイワース、工場設置に1億ドル投入(12/12)

リニュー、太陽光開発で韓国建設大手と合弁(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン