• 印刷する

飲料エチカ、ス州乳製品工場の設備拡張

アサヒグループホールディングス傘下で、マレーシアで飲料製造を手掛けるエチカ・グループ・オブ・カンパニーズは、スランゴール州メルの乳製品工場に過去2年で1億リンギ(約26億6,700万円)を投じたことを明かした。設備拡張で、乳製品需要の拡大に備える構えだ。6日付スターが伝えた。

エチカ・グループ・オブ・カンパニーズのエウィン・シルバラジャ最高経営責任者(CEO)によると、今回の設備投資で先進的な自動化技術を取り入れ、生産の効率化を図った。同CEOは、工場の新ラインの披露セレモニーで、「当グループのハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)乳製品製造ハブとしての準備が整った」と自信を示した。

エチカは現在、「グッデイミルク」ブランドを含む乳飲料の生産を、マレーシア国内のほかインドネシアとベトナムでも行っており、輸出先は30カ国に上る。マレーシア国内での年間売上高は10億リンギに達している。

エチカは、飲料12カテゴリーを擁するマレーシア唯一の総合飲料メーカー。「グッデイミルク」のほか、アサヒの缶コーヒーブランド「WONDA」や清涼飲料「カルピス」、ペプシコーラなどが主力商品となる。


関連国・地域: ベトナムマレーシアインドネシア日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:レジ袋に20セン(約5…(03/21)

デビットカードで現金離れ 電子マネー躍進も、主流は従来型(03/21)

田辺三菱製薬、KLに販売子会社設立(03/21)

2月の訪日マレーシア人、3.9%増の3.6万人(03/21)

RM=27.4円、$=4.07RM(20日)(03/21)

カザナ、今年後半にMASへ追加資金注入(03/21)

T7グローバル、海洋サービスで2社と合弁(03/21)

農園PLS、ドリアン栽培へ事業多角化(03/21)

フィンテック、国内最大のナイトクラブ買収(03/21)

マーシン、総額2800万リンギでデジタル化(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン