• 印刷する

テイクオフ:普段ほとんど使わない自…

普段ほとんど使わない自宅の固定電話が鳴った。出ると南アジアなまりの英語で「数カ月以内にご家族が交通事故に遭いましたね」。思わず考え込んだが、「ノー」と言って切った。日を置いてまた電話が鳴った。出ると同じ内容。それが何回か続いた。先日はなんと1回目の電話を切って5分後にかかってきた。さすがに頭に血が上った。

「ちょっと待て。これ詐欺だろう」。「違います」。「会社名は」。「ウティ・ウティ・ナラヤン・プティ・プティです」。「……」。問い詰めると電話口の男はアルバイトだと白状した。話にならないので上司とやらを呼び出し、当方の電話番号をリストから削除しろと言った。

聞き出したシドニー市内の住所と電話番号を頼りにネットで検索してみたが、もちろんウティ・ウティ社など存在しなかった。それ以来、電話はない。今のところは。(城一)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:旅行好きのオージーの友…(08/14)

豪7月失業率、7.5%に悪化 失業者数、初の百万人突破(08/14)

VIC感染者数が縮小の兆し、一時金増額も(08/14)

豪の優良企業が続々赤字に転落、コロナ直撃(08/14)

メルボで再開発、大和ハウス子会社が管理(08/14)

セントラル駅ツインタワー、設計事務所決定(08/14)

オフィス空室率9.2%に上昇、郊外移転加速か(08/14)

豪連邦政府の改革実施、過去36年で最低水準(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン