• 印刷する

伝統薬研究で韓国と協力方針、保健省

ミャンマー保健省は、韓国の研究機関の協力を得て、国内の伝統薬の安全性や効果を検証する方針を明らかにした。伝統薬に使われる植物の種子を保存する「種子バンク」を設立するほか、原材料の標準的な使用比率をまとめる。地元紙イレブン電子版が2日伝えた。

ミン・トゥエ保健相が9月26日、共同研究について、韓国の国立開発研究機関(NIKOM)の派遣団と会談した。同省伝統医療局が業務に当たる。

ミャンマーの伝統薬については、富山大と国際協力機構(JICA)が2014年から、品質改善に向けた研究事業を展開。17年2月に3年間の事業延長で合意した。


関連国・地域: 韓国ミャンマー日本
関連業種: 医療・医薬品農林・水産政治

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー進出銀行、駐在員の帰国拡大(16:25)

「シリア思わせる」対応急務と国連弁務官(21:10)

正月に水掛けの音なし、追悼・悲しみ漂う(21:09)

7人に新たに死刑判決、国軍協力者殺害関与で(19:07)

水掛け祭り、マスク着用など義務化(19:03)

中銀総裁、銀行協会幹部らと会議(19:03)

スー・チー氏また訴追、復権阻止か(19:03)

クーデターから70日、死者は706人に(19:03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン