首都圏の鉄道統合駅が着工、利用者48万人へ

フィリピンの運輸省は9月29日、マニラ首都圏の鉄道3路線が乗り入れる「統合駅」の着工式を行った。2019年の完工を目指す。利用者数は20年時点で1日当たり47万8,000人を想定する。地元各紙が伝えた。 建設地はSMプライム・ホールディングスが運営する商業施設「SMシティー・…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ご近所さんたちの会話が…(04/07)

日系企業、通常操業1%切る 昇給率も見直し、新型コロナ影響(04/07)

横井定、マスク200万枚増産を計画(04/07)

新型コロナ感染者3660人に、死者は163人(04/07)

仮設の大型隔離施設3カ所、週内に運用開始(04/07)

経済開発庁、「新常態」に備え政策立案へ(04/07)

中小零細企業の99%、新型コロナで打撃(04/07)

住宅・商業施設の賃料30日猶予、貿産省(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン