《安全》上海、初のデング熱感染を確認

上海市衛生計画生育委員会は26日、同市で初となるデング熱の市内感染事例を確認したと発表した。 患者は35歳の男性で、発熱、発疹、関節痛などの症状が出たことから医療機関を受診した。現在は体温が正常な範囲に回復し、発疹も収まりつつあるという。 日本の厚生労働省によると…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ネット企業を集中取り締まり、データ安全強化(16:34)

テイクオフ:細々した仕事を片付けて…(07/26)

中国がワクチン提供加速、200万回分が到着(07/26)

南京からコロナが急拡大 空港から各地に拡散、移動制限も(07/26)

中部の発展促進へ、先進製造業の誘致加速(07/26)

鴻海、中国豪雨の業績影響は軽微(07/26)

不動産の市場秩序「3年で好転へ」、住建省(07/26)

新型エネルギー貯蔵、25年に30GW(07/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン