• 印刷する

バイク協会、模倣品対策でセミナー開催

バイク業界の知的所有権保護に関するセミナーが開催された=26日、ハノイ

バイク業界の知的所有権保護に関するセミナーが開催された=26日、ハノイ

ベトナム二輪車協会(VAMM)は26日、業界の知的所有権保護の推進を目的としたセミナーをハノイ市内で開催した。国内では中国製オートバイなどによる知的所有権侵害が深刻化している。

ベトナムでは中国製オートバイのほか、ベトナム国内で組み立てられる、もしくは中国から輸入される電動バイクによるデザインの模倣が氾濫しており、本体だけでなく部品でも知的所有権の侵害が起きている。

VAMMを代表して登壇したピアジオ・ベトナムのジャンルカ・フィウーメ社長は、「知的所有権は業界にとって、さらに発展させるべき非常に必要な分野」と保護の重要性を訴えた。

またベトナム国家知的財産庁(NOIP)や科学技術省などの代表者らがベトナムにおける知的所有権侵害の現状や保護に向けた対策などを解説した。科学技術省の知的所有権に関する査察担当者によれば、二輪業界における知的所有権侵害は多様化するとともに巧妙になっており、企業の投資を妨げると同時に消費者の利益を侵害しているという。

VAMMには、ホンダ・ベトナム、ヤマハ・モーター・ベトナム、ベトナムスズキの日系3社に加えて、イタリア系ピアジオ・ベトナム、台湾系SYMベトナムが加盟している。セミナーはアジア二輪車産業連盟(FAMI)などとの共催で、同日にはバイクの交通安全に関するセミナーも企画された。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

越のカフェ市場、地場に勢い コンカフェ「日本進出も視野に」(11/19)

ビンファスト、電動スクーターの発売延期か(11/19)

地場不動産会社、中部初のスマートオフィス(11/19)

LPG、国内自給率45%どまり(11/19)

SIMカード買い占めも、番号ポータブルで(11/19)

テーゾイ、2年後に家電シェア50%目標(11/19)

新興プランテック、事務所開設(11/19)

長野のAIC、ハノイに日本語学校開校(11/19)

BIDV、新会長にトゥー頭取(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン