鉄道整備の大型3案件が始動 首都地下鉄など、総額1.4兆円

フィリピンの運輸省は、マニラ首都圏とその近郊の鉄道を整備する大型の3案件を始動する。ドゥテルテ大統領が議長を務める、経済社会開発に関する最高意思決定機関である国家経済開発庁(NEDA)ボード会合が12日、3事業を承認し、ゴーサインが出た。事業総額は約6,410億ペソ(…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

日本電産が遊星減速機生産、米中摩擦回避で(16:45)

破綻の韓進、債権者5行が親会社株20%取得(15:48)

19年成長率予測を6.1%に下方修正、S&P(15:48)

テイクオフ:マニラ湾の環境改善の一…(06/27)

双日とリョーユーがパン工場 25億円で設置、年商30億円目標(06/27)

2Qの企業景況感、6期ぶり高水準に改善(06/27)

2Q消費者信頼感、4期連続で悲観圏(06/27)

首都圏の経済区新設停止、申請131件に影響(06/27)

三井E&S、港湾大手からクレーン追加受注(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン