鉄道整備の大型3案件が始動 首都地下鉄など、総額1.4兆円

フィリピンの運輸省は、マニラ首都圏とその近郊の鉄道を整備する大型の3案件を始動する。ドゥテルテ大統領が議長を務める、経済社会開発に関する最高意思決定機関である国家経済開発庁(NEDA)ボード会合が12日、3事業を承認し、ゴーサインが出た。事業総額は約6,410億ペソ(…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(18:14)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(16:33)

デジタル銀、比進出へ600万Sドル調達(21:26)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

テイクオフ:友人との他愛のない会話…(02/24)

東南アIT業界への投資活況 1億ドル企業ひしめく、多様化へ(02/24)

ホンダ、四輪工場閉鎖 3月下旬、生産体制見直しで(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン