• 印刷する

JCサービス、タイでバイオマス燃料調達

合意書に署名したJCサービスの中久保社長(左)とDIPのパス局長=12日、バンコク(NNA撮影)

合意書に署名したJCサービスの中久保社長(左)とDIPのパス局長=12日、バンコク(NNA撮影)

再生可能エネルギーの導入支援などを手掛けるJCサービス(大阪市)は、タイでバイオマス(生物資源)発電の燃料となる木質ペレットを調達し、日本に輸出する計画だ。このほどバンコクに駐在員事務所を開設。年内に現地法人に格上げし、日本で普及が見込まれるバイオマス発電所向けに燃料を安定供給する狙い。

タイ南部と東部で植え替えの際に伐採、廃棄されているゴムの木を現地工場でペレット化し、日本に輸出する。中久保正己社長によると、タイの地元企業やエネルギー大手、日本の電力会社との協業を視野に入れており、早ければ来年にも現地工場の建設に着手し、3年後をめどに輸出を開始する考え。タイと日本を合わせた投資総額は数千億円規模になる見通し。

タイへのバイオマス発電技術の移転を念頭に置いており、12日にはタイ工業省工業振興局(DIP)と基本合意書(LOI)を締結。タイの東部経済回廊(EEC)開発に向けた協力のほか、タイの中小企業との協力関係構築に向け、◇木質ペレットの製造、輸送および管理◇バイオマス燃料の石炭混焼◇バイオマス発電所の総合省資源事業――といったテーマに基づき情報交換などを行っていく。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 化学農林・水産その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

転換期を迎える訪日旅行市場 官民で需要喚起、コロナ後見据え(08/07)

首相が内閣改造を実施、6ポスト入れ替え(08/07)

CPTPPの加盟申請、今年は断念=商務省(08/07)

7月のCPI0.98%低下、下落率は縮小(08/07)

経済3団体、GDP見通しを再び下方修正(08/07)

独MANがタイ参入、トラック3モデル発表(08/07)

JBIC、車部品エヌティー精密向けに融資(08/07)

車シートのインター、下期の受注拡大を予測(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン