【SARSから10年】現場知る駐在員の判断が重要:松井・前商工会事務局長に聞く

2003年にアジア各地を襲った新型肺炎(SARS)。香港は中国本土と並んで深刻な流行地となり、299人もの命が奪われた。あれから10年。私たちはどのような教訓を学んだのか、関係機関や企業の危機管理は今どうなっているのかなどを、3回シリーズで伝える。初回は香港日本人商工会…

関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

非住宅物件の増税措置を撤廃 施政報告で表明、26日から(11/27)

ジェトロ、日本産酒類の香港販売を支援(11/27)

インフラ整備、毎年1千億ドル超を支出(11/27)

本年度経常支出4866億HKドル、過去最高に(11/27)

河套ハイテクパーク1期ビル、24年にも完成(11/27)

50年までに脱炭素実現、来年半ばに行動計画(11/27)

香港との通貨スワップ、規模拡大で5年延長(11/27)

5G向け周波数帯を追加割り当て、21年に(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン