• 印刷する

大統領選挙、投票日は9月23日

シンガポール選挙局は28日、次期大統領選挙について、9月13日を候補者公示日、同月23日を投票日とすると発表した。

立候補届の提出期限は同月4日。投票日前日の22日は選挙活動が一切認められない「冷却期間」となる。

選挙関連法にのっとり、投票日当日は公休日とする。同局は雇用主に対し、勤務中の従業員に投票に向かう時間を与えるよう求めている。

大統領選挙では今回初めて、少数民族が大統領に就きやすい新たな選挙制度が導入され、今回は立候補者がマレー系に限定される。これまでにハリマ・ヤコブ前国会議長などが立候補を表明している。

大統領選挙の投票日はこれまで、8月最終週に設定されることが多かった。今回も当初は8月までに実施される予定だったが、チャン・チュンシン首相府相が2月、「8月の建国記念行事と選挙運動が重なる」として9月に延期すると発表していた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:知り合いの地元不動産エ…(07/17)

歩数に応じてポイント付与 通信最大手、健康意識の高まりで(07/17)

仏蒸留酒大手ペルノ、ヨマ合弁に34%出資(07/17)

健康食品ファイン、東南ア拡販へ新会社(07/17)

BMW、アジアでサブスク初展開(07/17)

18年度農産品輸出額、7月初旬まで11%増(07/17)

公共部門の個人情報保護へ、13対策導入(07/17)

女性起業家育成ランク、19年は大きく後退(07/17)

5月小売指数2%下落、自動車販売が低迷(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン