【包括税制法案】第4回 法案をひもとく(その1)

ドゥテルテ大統領の施政方針演説でも政権のキーファクターとして言及された税制改正案は、早期成立に向けて上院での議論が続いている。20年ぶりの税制改革は、来年度予算編成だけでなく、今後のフィリピンの持続的成長およびインフラ整備ならびに社会福祉の充実のために、必要不可…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

電力設備ペステック、比で変電所工事を受注(17:24)

テイクオフ:自宅前で流れてくる歌声…(12/16)

双日車販社に地場財閥出資 ユチェンコ、吉利ブランド浸透へ(12/16)

英業達がマレーシアに新工場、20年2Q出荷(12/16)

大統領、違憲の予算項目に拒否権発動も(12/16)

21年度予算は過去最高に、4.6兆ペソ規模(12/16)

三国東洋の日立ターミナル買収、競争委が承認(12/16)

マカティ地下鉄、モノレールと接続へ(12/16)

民放ABS―CBN、米で著作権侵害訴訟(12/16)

電子製品の輸出、20年も低成長に(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン