東京五輪会場、マレーシア木材を使用へ

2020年に開催される東京五輪の会場で、マレーシア産木材が建設に使われることが分かった。マー・シウキオン・プランテーション産業・商品相が9日、明らかにした。

10日付スターによると、東京五輪向けの木材は、サラワク州を本拠とする合板メーカー大手シン・ヤンが提供する。ただ、4月には環境保護団体フレンズ・オブ・アース(FoE)ジャパンなど7団体が、シン・ヤンが違法な伐採を行っているほか、サラワク州の先住民の土地権を侵害しているとの批判を発表していた。

これを受け、マレーシア政府は先月、東京五輪の組織委員会に代表団を派遣。シン・ヤンの合板は木材が適正に生産されたことを示す「マレーシア木材認証制度(MTCS)」を取得していることを説明し、理解を求めていた。

政府は01年にMTCSを発足。マー・プランテーション産業・商品相によると、これまでに保護林の28%がMTCS認証を受けている。マレーシアは昨年、218億6,000万リンギ(約5,600億円)相当の木材製品を輸出した。最大の輸出先は日本で、全体の18%を出荷。米国向けが16%、欧州連合(EU)向けが10%で続いた。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日の一時帰国は、日本…(12/13)

起業家イベントGEC2017が開幕 日系20社が出展、提携を模索(12/13)

ビューティガレージ、同業HARUを子会社化(12/13)

イオン、家具合弁会社の株保有率引き下げ(12/13)

RM=27.8円、$=4.07RM(12日)(12/13)

省エネ車の比率、22年には8割に拡大(12/13)

【アジア労務データ集】消費者物価指数(143)(12/13)

MyHSR、国際鉄道連合に加盟(12/13)

通信マルチメディア将来構想、犯罪対策強化(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン