テイクオフ:学歴社会のインドネシア…

学歴社会のインドネシア。大学進学のための学習塾も少なくない。高校でも3年生になれば補習授業はあるが、それだけでは物足りないと焦る保護者も多いのだろう。7月に新学年が始まってから、はや1カ月。ぼんやりしている間に、ある塾では募集定員が埋まるまであと10人。ぎりぎりで申し込みに間に合った。

安心したのもつかの間、驚いたのはその授業料だ。来年5月の入試までの約10カ月間で700万ルピア(約6万円)。一括払いなら割引があるが、分割払いでも3回で完納しなくてはならない。これでも安い方らしく、別の塾では1,000万ルピアを超える。国立大学に不合格なら2,500万ルピアを全額返金する塾もある。

内需が1年で最も活発化する断食明け大祭(レバラン)前後も、消費は低迷した。消費者の支出が教育費に流れたからだ――。そんなセオリーを身をもって実感した。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都の公共交通利用促進、駐車場削減が必要(12:57)

物流J&T、年内にタイと比進出を計画(16:54)

商議所、18年の建設事業規模は451兆ルピア(16:40)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

テイクオフ:「赤色のシャツ、ブラウ…(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

ボルトのメイラ本格生産開始 海外3拠点目、足元固め輸出視野(07/19)

独BMW、組み立てライン刷新に200億ルピア(07/19)

ヒューマンHD、海外初の保育園を開設(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン