【産業人材】AOTS桒山理事長に聞く 次世代担う人材育成、発展後押し

ミャンマーは2011年の民政移管を経て経済成長が本格化し、産業発展を支える人材の育成が喫緊の課題となっている。日本企業の進出も増える中、海外産業人材育成協会(AOTS)は昨年6月にヤンゴン事務所を開設し、次世代を担う幅広い人材の育成に取り組む。ミャンマーを先週訪問…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: その他製造サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(14:22)

18年度の縫製品原料輸入、19%増の23億ドル(19:13)

コメダ、タイとミャンマーに出店へ(10/15)

FPT、ミャンマーで銀行間送金システム(10/11)

ベトナム・ミャンマー激増、日本語教育機関(10/11)

中国への天然ガス輸出量、国内消費の4倍(10/10)

【縫製産業の未来】存在感増す中韓企業に危機感 マツオカ(下)貧しさ根付く産業(10/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン