酒類・たばこ税を引き上げ、閣議で承認

タイ政府は1日の閣議で、蒸留酒、ビール、たばこの物品税引き上げに必要な関連法の草案を承認した。増税で低所得層の高齢者手当に充てる財源を確保する。2日付バンコクポストが報じた。

首相府のコプサック補佐官によると、草案は国会法制評議会が3カ月かけて検証した後、国家立法議会(NLA)に提出される予定。政府は、蒸留酒、ビール、たばこの増税によって40億バーツ(約130億円)の税収増を見込んでいる。

現行の高齢者手当は、60代が月額600バーツ、70代が700バーツ、80代が800バーツ、90歳以上が1,000バーツ。60歳以上の高齢者人口は約1,000万人で、うち約800万人が受給している。政府は毎年、総額700億バーツを支給している。

財務省財政事務局(FPO)によると、総人口に占める60歳以上の割合は、2015年の14%から25年には20%に上昇する見通し。


関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

1~9月の輸出9%増、通年予測を上方修正(10/20)

「メコンIT化へ電力商機」 シーメンス地域社長、受注獲得へ(10/20)

在タイ日系企業、3年で純増877社(10/20)

中国宇通、マイクロバス販売10倍増目指す(10/20)

【アジア三面記事】恋の結末はロマンス詐欺(10/20)

東部自動車ショーが月末開幕、目標20億円(10/20)

廃棄物発電TPI、固形燃料工場を増設(10/20)

産廃処理ゼネラル、合弁でめっき排水事業(10/20)

食品CPF、抗菌剤の使用に自社基準(10/20)

サービスなど5業種の求人増加=ジョブタイ(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン