酒類・たばこ税を引き上げ、閣議で承認

タイ政府は1日の閣議で、蒸留酒、ビール、たばこの物品税引き上げに必要な関連法の草案を承認した。増税で低所得層の高齢者手当に充てる財源を確保する。2日付バンコクポストが報じた。

首相府のコプサック補佐官によると、草案は国会法制評議会が3カ月かけて検証した後、国家立法議会(NLA)に提出される予定。政府は、蒸留酒、ビール、たばこの増税によって40億バーツ(約130億円)の税収増を見込んでいる。

現行の高齢者手当は、60代が月額600バーツ、70代が700バーツ、80代が800バーツ、90歳以上が1,000バーツ。60歳以上の高齢者人口は約1,000万人で、うち約800万人が受給している。政府は毎年、総額700億バーツを支給している。

財務省財政事務局(FPO)によると、総人口に占める60歳以上の割合は、2015年の14%から25年には20%に上昇する見通し。


関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

野村不が初サービスアパート オリジンと合弁、駐在員に照準(12/15)

ASEANでネット普及支援 インド政府、人材開発でも協力(12/15)

日通、アマタナコン新倉庫を来年8月開業(12/15)

住商ロジのパトゥムタニ倉庫がハラル認証(12/15)

近鉄エクス、プラチンブリ倉庫の面積2倍に(12/15)

ウーバー、自社ブランドタクシーを19日投入(12/15)

高速鉄道の調査終了、新幹線導入へ報告書(12/15)

中タイ高速鉄道、今月21日に着工(12/15)

東芝エネシステムズ、太陽光モジュール受注(12/15)

トヨタ系2社、量子力学応用の交通実証実験(12/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン