• 印刷する

戒厳令を年末まで延長、大統領が議会に要求

フィリピンのアベリヤ大統領報道官は18日、ミンダナオ地方全域に布告した戒厳令を年末まで延長するよう、ドゥテルテ大統領が議会に要求したと明らかにした。現在の戒厳令の有効期限は今月22日まで。有効期限内に同島でのイスラム過激派の反乱が収束しないためだ。地元各紙(電子版)が伝えた。

同報道官によると、大統領が17日に議会へ書簡を送った。大統領は書簡で、「マラウイ市とミンダナオ島の他地域の現状を鑑み、ロレンザーナ国防相の進言を踏まえると、5月23日に戒厳令を布告する原因となった反乱が今月22日までに完全に鎮圧できないという結論に達した」と説明。「治安維持のため、今年12月31日までか、議会が決める期間について、ミンダナオ全域での戒厳令の延長を要求する」と伝えた。

議会は22日に大統領の要求について審議する予定だ。

5月23日の戒厳令布告は、ミンダナオ島西部マラウイ市で政府軍と、イスラム国(IS)の影響を受けた過激派組織マウテが交戦を始めたことがきっかけ。治安当局は令状なしでの逮捕や捜索が可能になった。マラウイの戦闘での死者は、これまでに政府軍、過激派、市民を合わせ500人を超えている。

フィリピンでは、マルコス政権時代の1972年に全土に出された戒厳令で民主化運動が激しく弾圧された過去があり、戒厳令に対する反発が根強い。ミンダナオの戒厳令に対しては、下院議員らが最高裁に差し止めを求めたが、最高裁は合憲と判断し請求を退けた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅前で流れてくる歌声…(12/16)

双日車販社に地場財閥出資 ユチェンコ、吉利ブランド浸透へ(12/16)

英業達がマレーシアに新工場、20年2Q出荷(12/16)

大統領、違憲の予算項目に拒否権発動も(12/16)

21年度予算は過去最高に、4.6兆ペソ規模(12/16)

三国東洋の日立ターミナル買収、競争委が承認(12/16)

マカティ地下鉄、モノレールと接続へ(12/16)

民放ABS―CBN、米で著作権侵害訴訟(12/16)

電子製品の輸出、20年も低成長に(12/16)

ア開銀、インフラ整備に2億ドル追加融資(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン