• 印刷する

自動車マスター、米ハーレーの販売開始

タイの自動車販売店マスター・グループ・コーポレーション(アジア)は、米大型バイク「ハーレーダビッドソン」の販売に乗り出す方針を明らかにした。事業多角化により増収ペースを引き上げ、2020年までにグループ全体の売上高を500億バーツ(約1,666億円)に乗せる考えだ。15日付ポストトゥデーが報じた。

新たに設立した子会社USモーターバイクが来月初めにも東北部ウボンラチャタニにショールーム兼サービスセンターを開設し、販売とアフターサービスの提供を開始する。

マスター・グループは現在、新車販売(ロールス・ロイス、アストンマーティン、BMW、ミニ、ホンダ、日産など)、中古車販売、レンタカー、カーケアセンター、保険販売、ITサービス、人材教育、ヨット販売の8部門で事業を展開。ハーレーの販売は新車販売部門の一環として展開する。

マスター・グループの昨年の売上高は約200億バーツ。今年はハーレーの販売開始などにより前年比10~15%の増収を目指す。


関連国・地域: タイ米国
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

【循環型経済】産廃管理、潜在リスク要因に 中央大・佐々木教授に聞く(下)(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

10月の輸出4.5%減、3カ月連続マイナス(11/22)

ラオス北西部でM6.4、バンコクでも揺れ(11/22)

企業景況感DI、上期は17に改善=グラント(11/22)

中部サラブリで工場の休業が増加=労働当局(11/22)

ホンダ、タイで電動バイクシェアの実証事業(11/22)

タイ国境からの観光客、1~11月で100万人(11/22)

ベンツ、認定中古車のオンライン販売開始(11/22)

ロールスロイス、世界限定50台モデルを発表(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン