• 印刷する

自動車マスター、米ハーレーの販売開始

タイの自動車販売店マスター・グループ・コーポレーション(アジア)は、米大型バイク「ハーレーダビッドソン」の販売に乗り出す方針を明らかにした。事業多角化により増収ペースを引き上げ、2020年までにグループ全体の売上高を500億バーツ(約1,666億円)に乗せる考えだ。15日付ポストトゥデーが報じた。

新たに設立した子会社USモーターバイクが来月初めにも東北部ウボンラチャタニにショールーム兼サービスセンターを開設し、販売とアフターサービスの提供を開始する。

マスター・グループは現在、新車販売(ロールス・ロイス、アストンマーティン、BMW、ミニ、ホンダ、日産など)、中古車販売、レンタカー、カーケアセンター、保険販売、ITサービス、人材教育、ヨット販売の8部門で事業を展開。ハーレーの販売は新車販売部門の一環として展開する。

マスター・グループの昨年の売上高は約200億バーツ。今年はハーレーの販売開始などにより前年比10~15%の増収を目指す。


関連国・地域: タイ米国
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染956人、3日連続900人超(13日)(01:30)

市中感染980人、1日当たり過去最多に(12日)(04/13)

観光業、コロナ第3波で隔離免除の遅延懸念(04/12)

緯創、宜蘭の病院にロボ活用のリハビリ施設(04/14)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(2月) 5カ国で上昇、ベトナムはプラス転換(04/14)

4月は7500台減産へ、半導体不足で=三菱自(04/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン