即席麺の消費量、16年は49億食で世界4位

世界ラーメン協会(WINA)がこのほど発表した統計で、ベトナムの2016年の即席麺の消費量は49億2,000万食となり、前年から1億2,000万食増えたことが分かった。増加は3年ぶりで、世界4位を堅持した。

ベトナムの即席麺の消費量は、12年の50億6,000万食から、13年には52億食に増加。しかし、14年は50億食、15年は48億食と減少傾向にあった。

16年も中国・香港が首位を堅持。ただ、消費量は385億2,000万食と、前年から19億1,000万食減少した。以下、◇インドネシア=130億1,000万食(前年から1億9,000万食減)◇日本=56億6,000万食(同1億2,000万食増)◇ベトナム◇インド=42億7,000万食(10億1,000万食増)◇米国=41億食(1億1,000万食減)◇韓国=38億3,000万食(1億8,000万食増)――などが続いた。世界全体では974億6,000万食で、前年から1億9,000万食減少した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

自動車輸入規制など緩和要望 外資との対話、首相は改革を強調(12/13)

トヨタ、11月の販売は12%減(12/13)

東京メトロ、HCM市都市鉄道の運営を支援(12/13)

阪急阪神、ドンナイ省の物流倉庫を増床(12/13)

空港総公社株、来年7~9月に公開入札へ(12/13)

ハノイ都市鉄道、試運転が来年9月に延期(12/13)

サムスン、南部に家電R&Dセンター開設(12/13)

【ASEAN】ベトナム医療は魅力的な投資機会か?(8)(12/13)

JBIC、イチハシ金属の越法人に協調融資(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン