即席麺の消費量、16年は49億食で世界4位

世界ラーメン協会(WINA)がこのほど発表した統計で、ベトナムの2016年の即席麺の消費量は49億2,000万食となり、前年から1億2,000万食増えたことが分かった。増加は3年ぶりで、世界4位を堅持した。

ベトナムの即席麺の消費量は、12年の50億6,000万食から、13年には52億食に増加。しかし、14年は50億食、15年は48億食と減少傾向にあった。

16年も中国・香港が首位を堅持。ただ、消費量は385億2,000万食と、前年から19億1,000万食減少した。以下、◇インドネシア=130億1,000万食(前年から1億9,000万食減)◇日本=56億6,000万食(同1億2,000万食増)◇ベトナム◇インド=42億7,000万食(10億1,000万食増)◇米国=41億食(1億1,000万食減)◇韓国=38億3,000万食(1億8,000万食増)――などが続いた。世界全体では974億6,000万食で、前年から1億9,000万食減少した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

薬局チェーン市場、競争激化 HCM市中心に各社は差別化に力(02/21)

ホンダ、クルーザータイプの二輪を3月発売(02/21)

1月輸出額22%増、半導体や石油製品が好調(02/21)

振動試験装置IMV、ハノイに子会社(02/21)

マブチモーター、分工場を新設へ(02/21)

カンゾー郡の地価、市内最高の上昇(02/21)

風力発電、中南部などで相次ぎ開発(02/21)

第一稀元素、100億円で新工場(02/21)

ベトナム製衣料品、対中輸出が急増(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン