• 印刷する

斗山重、協力企業のベトナム進出を支援

韓国の斗山重工業は18日、ベトナム発電事業への進出に向け、同国中東部の現地法人斗山ビナが協力企業5社と業務協約を結んだと発表した。アジア経済新聞などが伝えた。

政府が主導する「大・中小企業海外同伴進出支援事業」の補助金対象事業となる。斗山重工業はベトナム法人の斗山ビナが持つ工場用地の一部を用い、協力企業の現地法人や工場の設立を支援する。財務、経営、人事などのコンサルティングを行う一方、法人税・所得税の減免などのインセンティブを受けられるよう、ベトナムの関係省庁との協議を支援する方針。

斗山はこれにより現地企業から協力企業への直接受注を可能にし、ベトナム事業に弾みをつけたい考えだ。

ベトナムは2030年まで100ギガワット(GW)規模の発電設備の増設が予想される。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「アイ・キャン・スピー…(05/26)

支援金すでに9割以上が受給 IT基盤で即入金、賑わう商店(05/26)

新型コロナ感染者、16人増の1万1206人(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

バス・タクシーもマスクを、26日から義務化(05/26)

遊興施設の入店者情報、QRコードで把握(05/26)

社会保険の滞納増、コロナで経済悪化続く(05/26)

統一企業、M&Aやアライアンスを加速(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン