• 印刷する

ホンダ二輪、目標台数を430万台に下方修正

インドネシアの二輪最大手アストラ・ホンダ・モーター(AHM)は、450万台としていた通年の販売台数目標を、430万台に下方修正した。車両登録証(STNK)の発行手数料値上げなど購買力の低下につながる複数の要因があったとしている。16日付インベストール・デイリーが伝えた。

AHMのトマス営業取締役は、景気の落ち込みに加え、車両登録証の発行手数料値上げ、車両向けローンの規定変更、インフラ事業の遅れなどを下方修正の要因に挙げた。

イスラム教のレバラン(断食明け大祭)前の1~2カ月はボーナスが支給されることなどから例年販売量が伸びる傾向があるが、今年も特に5月の販売台数は前月比約44%増の39万4,000台となった。トマス営業取締役は、道路など建設中のインフラ事業が完成すれば、購買力回復につながるのではないかと期待している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

重機大手、デジタル化を加速 アフターサービス強化で競合対抗(09/20)

日産自動車、半年以上前に一部工場を閉鎖(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

中銀が5.25%に利下げ、3カ月連続(09/20)

容疑者認定の青年・スポーツ相が辞任(09/20)

第2チカンペック高速道、10月から試験運用(09/20)

運輸省、自家用車の排ガス検査を義務化へ(09/20)

ガルーダ、航空貨物のプラットフォーム開設(09/20)

西ジャワの経済特区開発に日系誘致=州知事(09/20)

バンドン高速道、土地買収遅れ着工に影響(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン