• 印刷する

スクートなど2社、7月25日からブランド統一

シンガポール航空(SIA)傘下の格安航空会社(LCC)スクートとタイガー・エアウェイズは7月25日から、ブランドを「スクート」に統一する。両社を統括する持ち株会社バジェット・アビエーション・ホールディングスが15日発表した。

ブランド統一後も運航スケジュールに変更はないが、7月25日以降は既存のスクートのウェブサイト、コールセンターで全ての便の予約を扱う。乗務員の制服も一新するという。

航空会社コードはタイガー・エアの「TR」に統一。スクートの「TZ」は廃止する。

SIAは昨年5月にバジェット・アビエーションを設立。同11月にはスクートとタイガー・エアのブランドを一本化する方針を打ち出していた。一つの営業許可証の下で運航し、互いの事業を補完し合うことで業務効率化を図る。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

双日、ミャンマーで通信インフラ事業に参入(19:44)

東南アジア企業の41%、1年以内に買収検討(19:15)

中心部の高級オフィス、賃料上昇に歯止め(19:15)

テイクオフ:日本から初めて海外に出…(11/18)

【ASEAN戦略】出稼ぎ移民の送金需要取り込み 米リップル、低価格・迅速売りに(11/18)

金融管理庁、UBSに不正取引で制裁(11/18)

再エネ商社カイロス、地場企業と日本で合弁(11/18)

建設ティオンセン、ロボット研究所を開設(11/18)

10月の民間住宅販売、前年反動で大幅増(11/18)

通信最大手が四半期初の赤字、インド特損で(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン