テイクオフ:「すごい!世界中の指導…

「すごい!世界中の指導者たちが中国のために集まったんだって」

大連の地下鉄で聞こえてきた若い女性たちの会話。北京で開かれた「一帯一路」国際会議のニュースをスマホで見ながら、無邪気に興奮しているらしい。

中国を起点としたシルクロードを現代に再興しようという一帯一路構想。かつてラクダのキャラバンが仕切った世界の交易は、今や誰もが担い手になれる時代だ。ヒット商品を見いだす個人旅行者の眼力と口コミによる影響力は、政府や企業のそれをしのぐことは「爆買い」現象がはっきりと証明している。

一帯一路の旗を振るのは政府。まずは世界と中国国民の関心をつかむことには成功した。この端緒を途切れることなく「道」として延ばしていけるのか。インフラ建設よりも鍵を握るのは、現代のキャラバンたる普通の人たちの往来なのかもしれない。(大)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海、IDGと自動車技術関連のファンド(21:20)

周大福、7~9月の香港・マカオ販売2桁増(18:41)

発電メガファースト、中国事業から撤退(18:56)

水素エネルギー産業、5年内に爆発的成長も(19:27)

住商、動物用医薬品を販売 年内に開始、年間売上げ数億円へ(10/19)

テイクオフ:「荷物検査をして」。1…(10/19)

供給と需要両面に課題 20万台超のジプニー近代化(下)(10/19)

高速鉄道、11月から用地買収 ジョ州人工島駅の追加は協議中(10/19)

チャウピュー深海港、中国側権益70%で合意(10/19)

世界先端の総合的な国力を 今世紀半ばに実現へ、習総書記(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン