• 印刷する

インフラ整備、特に貧しい地方に1600億ペソ

フィリピンの国家経済開発庁(NEDA)は2日、2018~20年に実施予定の「3年間に実施するインフラ・プログラム(TRIP)」において、特に貧困率の高い5地方で1,313件のインフラ事業を実施する計画を明らかにした。事業総額は1,574億4,000万ペソ(約3,533億円)に上る。

住民の半数近くを貧困家庭が占めるARMM(ミンダナオ・イスラム教徒自治区)が最も多い955件(事業への支出額は507億ペソ)。このほか東ビサヤ地方で147件(198億ペソ)、北部ミンダナオ地方で117件(503億ペソ)、カラガ地方で66件(288億ペソ)、ソクサージェン地方で28件(78億ペソ)を実施する。

政府は、22年までに上位中所得国への転換を目指す経済政策「ドゥテルテノミクス」で、インフラ整備4,895事業に向こう3年間で3兆6,000億ペソを投じる計画。

内訳は、4,498件(9,356億ペソ)が特定の地方向け、239件(8,245億ペソ)が全国規模、158件(1兆8,480億ペソ)が複数の地方にまたがる事業だ。特定の地方向け事業のうち、マニラ首都圏向けは293件(1,804億ペソ)で、首都圏への一極集中を緩和し、地方の成長に注力する姿勢を強く打ち出している。

全4,895事業のうち3,334件は地方自治体主導、70件は政府開発援助(ODA)、33件は官民連携(PPP)、1,341件はその他の方式で進める予定。残りの117件は財源や実施方式が決まっていない。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:経済成長著しく、あちこ…(06/25)

ダバオ市、戒厳令解除へ 投資呼び込みで市長が意向表明(06/25)

電力産業改革法見直し、議会が2法案審議へ(06/25)

中国電力建設、30億ドルで11事業を推進(06/25)

首都圏の経済区新設凍結、BPO産業に打撃(06/25)

中国人就労のオンラインカジノに最後通告(06/25)

国内労働者の競争力強化、大統領令で規定(06/25)

職業上の安全に関するILO条約を批准(06/25)

BMWがマカティで商談会、国内26社が参加(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン