• 印刷する

国内カジノ産業は18年に域内最大に=金融大手

フィリピンのカジノ産業は、2018年までに市場規模でシンガポールを上回る――。金融大手のクレディ・スイスは先月末に発表した報告書でこのような見通しを示した。拡大を続ける人口がカジノ産業の成長を支えるとの見方。インクワイラーが伝えた。

クレディ・スイスは、フィリピンのカジノ産業は12年から18年にかけて年間平均28%の成長を続けると予測。シンガポールのカジノ市場規模56億米ドル(約5,171億円)を上回り、東南アジア域内で最大の市場になるとの見解を示した。

同社は、フィリピンの人口がシンガポール、マレーシア、マカオの合計の約3倍に相当する9,700万人となっている点を指摘。その上で、労働年齢人口が向こう10年間にわたって年率2%の成長が見込まれるとし、賃金の上昇に伴う購買力の上昇や高い消費者信頼感を背景に内需の拡大が期待できると分析した。

域内の他の地域で富裕層(VIP)向けホテルの収容能力が制限されており、カジノの新規開業も15年まで予定されていない点も追い風になると指摘。フィリピンのカジノ産業は、新鮮味を維持することができ、シンガポールよりも持続的な成長が期待できると予測した。

国内では、マニラ首都圏パラニャーケ市で大規模娯楽施設「バゴン・ナヨン・ピリピノ・エンターテインメント・シティー・マニラ」の開発が進められている。同施設内では、ブルームベリー・リゾーツが月内に「ソレイユ」を一部開業する予定。SMグループのベル・コーポレーションとマカオの新濠博亜娯楽(メルコ・クラウン・エンターテインメント)が来年上半期(1~6月)に「ベルグランデ」をオープンする予定になっている。


関連国・地域: マカオシンガポールフィリピン
関連業種: 金融観光メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2630人、計29万9361人(09/25)

外出制限、一段の緩和に壁 マニラ首都圏、来月1日以降(09/25)

イロイロ市の外出制限、再び厳格化(09/25)

コロナ感染新たに2180人、計29万6755人(09/25)

民放ABS―CBN、ロペス名誉会長辞任(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

シェル、マランパヤガス田の権益45%売却へ(09/25)

経済区庁、登録企業の85%が事業再開(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン