テイクオフ:地上50階の屋上は、ま…

地上50階の屋上は、まさに空中庭園といった趣。所々に腰掛けなどが用意され、本を読んだり、ひなたぼっこをしたり、自由に過ごすことができる。

中心部タンジョン・パガー地区にある超高層の公営住宅(HDBフラット)「ピナクル@ダクストン」。職場の窓から見える近未来的な建物だ。最初は何の施設だろうと思っていたが、しばらくしてHDBフラットだと知り驚いた。調べてみると、屋上展望台は一般にも開放されており、1人6Sドル(約470円)で上ることが可能。23Sドルかかるマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)の展望台と比べて格安に高所からの眺望を楽しめるとあって、足を運んでみた。

あの辺がうちのオフィスか――。いつもとは逆から見る不思議な感覚。安全とはいえ、その高さには思わず足がすくむ。しばらくして雨が落ちてくるまで、天空の散歩を満喫した。(墺)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:サッカーのワールドカッ…(06/21)

18年の予測昇給率は3.3% JCCI説明会、雇用法改正も解説(06/21)

車両購入権価格、商用車除き値下がり(06/21)

訪日シンガポール人、5月は15%増加(06/21)

シンガにマンゴー輸出停止、商標権侵害で(06/21)

中小企業の景況感堅調、貿易摩擦など懸念も(06/21)

ペイナウ、8月から法人でも利用可能(06/21)

株価6日ぶり反発、UOB銀は0.5%高(06/21)

LCCスクート、ベルリン直行便を就航(06/21)

EC蝦皮が6億ドルの転換社債、台湾投資強化(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン