【インドネシアに生きる】余生はインドネシアと共に バティックを着た仕事師(4)

永眠の地はインドネシアと決めている。だから余生はインドネシアと共に。仕事のスタイルは再婚しても一向に変わらないが、好きな音楽に耳を傾け、句作に興じることで、心に余裕を持たせるきっかけができた。家の周辺の住民とは向こう三軒両隣のつき合い。顔見知りと道で出会い、日…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ガルーダ航空、事業改革で国内線重視へ(17:49)

優秀な公務員の週休3日制や在宅勤務を検討(16:31)

テイクオフ:年末の一時帰国を前に、…(12/16)

バンコク銀がプルマタ銀買収 来年に2900億円で、海外事業強化(12/16)

グラブ、現代自と提携で来年からEV配車(12/16)

11月の新車販売台数は12%減少=地元紙(12/16)

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/16)

ホンダ四輪、11月小売り台数は前月比5%増(12/16)

アバンザ、発売以来16年で累計180万台販売(12/16)

すてきナイス、モデルハウスの見学会実施(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン