スタバ、香港でデリバリーサービスを計画

米コーヒーチェーン大手のスターバックスは、香港でデリバリーサービスの導入を計画している。20日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

香港・マカオ市場を担当するノルベルト・タン・エグゼクティブディレクターは、「(デリバリーサービスは)開始するかどうかの問題ではなく、いつ始めるかの問題。重視している分野だ」と述べた。ただ、「飲み物の温度維持など検討すべきことが多い」などと指摘し、具体的な導入スケジュールへの言及は避けた。

同社は2013年に香港でスマートフォン向けアプリを立ち上げた。アプリにポイントカードを紐付けできるほか、キャッシュレス決済も可能。アプリのアクティブユーザーは香港に24万人おり、ポイントサービス利用者の6割がアプリで支払っているという。

今月初めには、香港とマカオの計176店でアプリによる注文受付サービスを開始。受け取り店舗も選べる。顧客の7割近くが持ち帰り利用であるため、待ち時間の短縮が狙いだ。


関連国・地域: 香港米国
関連業種: IT・通信食品・飲料商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:もう11月だというのに…(11/23)

広州南沙に「金融島」 大湾区のランドマークに(11/23)

続伸、30000の大台突破=香港株式(11/23)

HSBCに罰金4億HKドル、リーマン問題で(11/23)

スタンチャートのCIB業務、年7%成長へ(11/23)

東急ホテルズ、香港客の取り込み強化へ(11/23)

UNDP、持続可能な開発にAIロボ活用(11/23)

海外人材誘致で移民政策の改善を=行政長官(11/23)

来年の昇給、平均3~5%=英ウォルターズ(11/23)

港珠澳大橋の施工費、100億元の予算超え(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン