スタバ、香港でデリバリーサービスを計画

米コーヒーチェーン大手のスターバックスは、香港でデリバリーサービスの導入を計画している。20日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

香港・マカオ市場を担当するノルベルト・タン・エグゼクティブディレクターは、「(デリバリーサービスは)開始するかどうかの問題ではなく、いつ始めるかの問題。重視している分野だ」と述べた。ただ、「飲み物の温度維持など検討すべきことが多い」などと指摘し、具体的な導入スケジュールへの言及は避けた。

同社は2013年に香港でスマートフォン向けアプリを立ち上げた。アプリにポイントカードを紐付けできるほか、キャッシュレス決済も可能。アプリのアクティブユーザーは香港に24万人おり、ポイントサービス利用者の6割がアプリで支払っているという。

今月初めには、香港とマカオの計176店でアプリによる注文受付サービスを開始。受け取り店舗も選べる。顧客の7割近くが持ち帰り利用であるため、待ち時間の短縮が狙いだ。


関連国・地域: 香港米国
関連業種: IT・通信食品・飲料商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:人工知能(AI)時代に…(09/21)

7割が複数の生産モデル採用 珠江デの香港企業、経営課題も(09/21)

HKMA、新興市場に10億米$投資へ(09/21)

MPFに中央データ管理導入、PwCが提言(09/21)

反発、自動車銘柄が相場の支え=香港株式(09/21)

台風13号の保険金29億パタカに、金融当局(09/21)

NGO運営の格安賃貸住宅計画が始動、社聯(09/21)

インフラの新創建、17年は増収増益(09/21)

恒隆会長、本土新興業者は自身を過大評価(09/21)

ファミリーマート、小包発送サービスを開始(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン