テイクオフ:次の行政長官は林鄭月娥…

次の行政長官は林鄭月娥(キャリー・ラム)氏でいい――。香港の民主化運動に携わる人物の意外な言葉。林鄭氏は中国政府が支持する唯一の候補とされ、最も受け入れがたい選択のはず。

理屈はこうだ。林鄭氏の対抗馬の曽俊華(ジョン・ツァン)氏は、民間団体が実施しているネット上の市民投票で約9割の票を獲得しており、市民の支持で他を圧倒している。万が一にも曽氏が当選すれば、市民の人気が高い曽氏に対して、強い姿勢で民主化を求めようという機運がそがれる恐れがあるという。

民主派の候補者がいないことから、曽氏への投票を決めた民主派政党もある。ただ、その人物は「支持者は彼に対して幻想を抱いている」と疑問を投げ掛ける。当選すれば強硬路線の継続が予測される林鄭氏と親しみやすさが売りの曽氏。だが、民主派にとって敵の敵はやはり敵なのだ。(雨)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

17年の大卒生月収2%増、ジョブズ調べ(18:04)

テレビ視聴者は根強く存在 半数が夜時間帯に、CSM初調査(02/23)

化粧品大手のササ、台湾市場から撤退(02/23)

周大福、体験型店舗で若者集客へ(02/23)

セリーヌディオンのブランド、香港上陸へ(02/23)

スイス時計の1月香港輸出、5年ぶり伸び幅(02/23)

ボッシーニ、業界は「昨年末に底入れ」(02/23)

国産真珠の競売会、23日から香港で開催(02/23)

東亜銀の17年12月期、実質8割増益に(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン