テイクオフ:頭上から赤色の水をかけ…

頭上から赤色の水をかけられ、背中に青色の粉を浴びせられ、顔面にスプレーで水色の泡を受けた。デリーから電車で2時間。ヒンズー教の神クリシュナの生誕地マトゥラで体験した春の大祭「ホーリー(色掛け祭り)」は壮絶だった。

容赦なく攻撃してくるのは子どもたち。目が合うと笑顔で水鉄砲を準備。勢いよく水や粉を掛けてくる。終わると「ハッピーホーリー!」と言いながら互いに抱擁を交わした。ラップを巻き、その上にテープを何重にも巻いたおかけでカメラは壊れず、彼らの笑顔を撮ることができたのは幸いだった。

デリーへの帰り道。電車の乗客や車窓から見える多くのインド人は、顔と服がカラフルに染まっていた。ホーリーは午後にお開きになる。狂乱と歓喜の数時間はあっという間。疲れで眠ってしまい、電車を乗り過ごした人は自分だけではないだろう。(と)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昨年度(2017年4月…(04/26)

3人制プロバスケリーグ発足 スポンサー収入、目標1000億円(04/26)

日本カーバイド、インド工場を減損処理(04/26)

MGがEV投入視野、西部でテスト走行(04/26)

ピレリ、西部初の総合ショールームを開設(04/26)

中古車シュリラム、昨年の取引300億ルピー(04/26)

家電クロンプトン、高級扇風機に期待大(04/26)

FMG、対中国以外の鉄鉱石輸出量を拡大(04/26)

通信エアテル、価格競争激化で7割減益(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン