テイクオフ:頭上から赤色の水をかけ…

頭上から赤色の水をかけられ、背中に青色の粉を浴びせられ、顔面にスプレーで水色の泡を受けた。デリーから電車で2時間。ヒンズー教の神クリシュナの生誕地マトゥラで体験した春の大祭「ホーリー(色掛け祭り)」は壮絶だった。

容赦なく攻撃してくるのは子どもたち。目が合うと笑顔で水鉄砲を準備。勢いよく水や粉を掛けてくる。終わると「ハッピーホーリー!」と言いながら互いに抱擁を交わした。ラップを巻き、その上にテープを何重にも巻いたおかけでカメラは壊れず、彼らの笑顔を撮ることができたのは幸いだった。

デリーへの帰り道。電車の乗客や車窓から見える多くのインド人は、顔と服がカラフルに染まっていた。ホーリーは午後にお開きになる。狂乱と歓喜の数時間はあっという間。疲れで眠ってしまい、電車を乗り過ごした人は自分だけではないだろう。(と)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スズキが中国てこ入れ検討、現地では撤退観測も(06/21)

テイクオフ:インドへ旅行に訪れた人…(06/21)

首都圏で駐車場整備進む 地場社、IoTで運営支援(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

CKビルラ傘下、EV部品などに60億ルピー(06/21)

EV製造業者協会、5つの部会を設置(06/21)

エアアジア、印当局の被害証明の内容を否定(06/21)

タタ自、商用車のラインアップを拡充(06/21)

シロップの仏モナン、南部に工場設置(06/21)

北部州がパタンジャリに土地提供、計画前進(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン