クラーク鉄道を日本に打診へ 中国と事業化調査、両天秤に

フィリピン政府は、クラーク自由港とスービック湾自由港を結ぶ鉄道敷設構想(総延長約60キロメートル)で、中国だけでなく日本にも支援を打診する意向だ。国家経済開発庁(NEDA)のペルニア長官が、今月26日に東京で開かれる第1回「経済協力インフラ合同委員会」で議題に含め…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道運輸・倉庫政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ドゥテルテ大統領が、ミ…(12/13)

自動車税が単純累進課税へ 税制改革法案の一本化完了(12/13)

10月貿易収支、赤字が28.4億ドルに拡大(12/13)

10月工業生産量、2カ月連続のマイナス(12/13)

フィッチが信用格付を引き上げ、13年以来(12/13)

不完全就業率が改善、2000年代前半の水準(12/13)

地場発電、佐賀県のバイオマスに出資へ(12/13)

来年初にグローバル債発行、10億ドル調達へ(12/13)

12日為替:$1=50.510ペソ(↓)(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン