クラーク鉄道を日本に打診へ 中国と事業化調査、両天秤に

フィリピン政府は、クラーク自由港とスービック湾自由港を結ぶ鉄道敷設構想(総延長約60キロメートル)で、中国だけでなく日本にも支援を打診する意向だ。国家経済開発庁(NEDA)のペルニア長官が、今月26日に東京で開かれる第1回「経済協力インフラ合同委員会」で議題に含め…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道運輸・倉庫政治


その他記事

すべての文頭を開く

バタンガスに大型スーパー、ルスタンが着工(17:26)

適正価格のサリサリ、政府が優良店に認定(18:26)

全土のオフィス面積、23年までに4割拡大(15:59)

比アヤラ、MCTへのTOBが成功(18:40)

テイクオフ:フィリピンは1946年…(02/21)

ASEAN向けは15%減 日本の中古車輸出、緬の規制響く(02/21)

ジプニー近代化政策が前進 優遇対象、8社に限定する案浮上(02/21)

ホンダ四輪、1万台のタカタ製部品無償交換(02/21)

JBIC、電線製造の三ッ星に融資(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン